借金返済コツ

借金返済コツ※私はこれで返済が楽になりました

借金返済コツ※私はこれで返済が楽になりました

借金返済コツ

借金返済のコツは?

 

かつて、借金の返済に苦しみ、任意整理と過払い金返還請求をした経験がある私としては、借金返済のコツは以下の4つだと思います。

 

  • 返済を一時的に止める
  • 利子・利息をなくす
  • 返済期間を延ばす
  • 元金を減らす

 

借金をなくすことができれば、それが一番良いのですが、あくまでも「返済」ということで考えると上記の4つになります。
この4つができれば、借金返済はかなり楽になります。

 

 

そんなことできるのか?

 

と思った方もいることでしょう。

 

できます!

 

私は4つすべてできました。
思っていたよりも、簡単にできました。

 

流れは以下のとおりです。

 

借金の返済が困難になった

司法書士の無料相談を見つけた

無料相談で借金の状況を説明

「あなたの場合、任意整理で大丈夫」とアドバイスされる

任意整理の説明をうける

司法書士と受任契約を結ぶ

司法書士に任意整理を進めてもらう

利息カット・5年間返済で交渉してもらう

一時的に返済が止まる(和解するまで返済しなくてよい)

債権者と和解が成立

司法書士に過払い金返還請求を進めてもらう

債権者と和解が成立

過払い金が口座に振り込まれる

過払い金の一部を借金返済に充て、元金が減る

 

 

以上の流れで、「返済を一時的に止める」「利子・利息をなくす」「返済期間を延ばす」「元金を減らす」の4つができました。

 

任意整理後、月々の返済額は3分の1以下になりました。
返済はかなりになりましたよ。

 

借金返済が困難な方は以下の司法書士に相談してみてください。

 

アヴァンス法務事務所 借金の無料相談はこちら

 

アヴァンス法務事務所

 

 

借金問題に詳しい司法書士が無料でアドバイスしてくれます。

借金返済コツ1 一時的に返済を止める

任意整理で借金を整理するために司法書士と受任契約を結ぶと、まず、債権者(消費者金融やカード会社など)に受任通知を送ります。
すると、一時的にですが、返済が止まります。
べつに、返済しないとか、返済できないとかではありません。
任意整理による返済方法が決まるまで(和解するまで)、返済しなくていいのです。

 

この期間(和解までの期間)はケース・バイ・ケースなので、なんともいえません。
取引履歴を取り寄せ、返済方法を提案し、交渉していくので、けっこうかかります。
最低でも2ヵ月間はかかります。

 

この期間は任意整理をする側にとって重要です。
返済しなくてよいので、返済していた分のお金をなにかに使えるからです。
この間に少しでも生活を立て直すことができます。
たとえば、滞納していた公共料金を払うとか。

 

ちなみに、受任通知を送ると、すぐ、催促・督促も止まります。
催促・督促の電話や郵便物に怯えている方は、今すぐ、↓の司法書士(法務事務所)の相談をうけてください。
相談は無料です!

 

一時的に返済を止めたい方
催促・督促を止めたい方

 

以下の法務事務所の無料相談がオススメです!
アヴァンス法務事務所 借金の無料相談はこちら

リンク

ホーム RSS購読 サイトマップ